2015年冬アニメ感想

こんにちは。hideoです。

一応1ヶ月に1つは記事を書いていきたいと思いつつもめんどくさがっている結果、今月はなんと31日23時の更新となりましたw

前回の記事がわりと僕らしくない、どうでもいい話がほぼない記事だったので、変に思われないように補足しておきます。
検索にひっかかるのが目的の記事については、僕には興味ないけど検索で辿り着いた、という人の気持ちを考えて、雑談はほぼ0にしています。逆に、ただ単に語りたい記事については、いつもどおりどうでもいいことばかり書くつもりですw

というわけで、そろそろどうでもいい話を終えて、ただ単に語りたい記事を書きますね。タイトル通り、今季アニメの感想です。

今期全話観たアニメ

SHIROBAKO、艦これ、冴えない彼女の育てかた、幸腹グラフィティ、の4つです。 (http://animetick.net/users/hideo54)

SHIROBAKO

2014秋から2クール続いた、アニメ制作を描くアニメです。

ただ、素晴らしかったの一言です。本当に良かった。今までほとんどなかった制作についての知識がある程度つきましたし、メインの5人はもちろん、それぞれの役職についている登場人物それぞれに個性があって、とても楽しめました。

観てない方はぜひ観てください。
観た方は、こちらもどうぞ。プロデューサーの川瀬さんへの取材記事ですが、とても面白かったです。 http://ani-ko.com/03-kawase01

冴えない彼女の育てかた

0話を観てエロアニメなのかと思いましたw (間違ってはいない…?w)
初めの方は、主人公がウザく感じて少し観ているのがつらかったですが、まあ面白いので慣れと脳内博多市補正で、徐々に何も感じなくなりました。
ストーリーも音楽も良かったし、キャラクターも可愛かったし、絵も結構良かったので、満足です。
物語が進んでいくにつれてだんだん感情が現れていく加藤さんのかわいさは言葉にできない最高さがありました…!
12話を見た後(良い最終回だった)、もう1度0話を見ておくと、明らかに表情豊かになっている加藤さんを拝めると思います。(この時はまだOP/ED作り終わってなかったんだろうなあとわかります、ご苦労様です(特にEDの映像が大好きでした))

艦これ

いろいろ批判も聞きましたが、全話を通して、僕はなんだかんだ観て良かったと思っています。
未成年なのでDMMの規約に反するため僕は艦これゲームが出来ないのですが、TwitterのTLなどで度々艦娘の絵を見ることがあり、艦娘の魅力をより知りたいと思っていたので、アニメ化は朗報でした。
前期のガールフレンド(仮)は、全体的にストーリーが薄いことが原因で途中で切っていて、そうならないかが少し不安でもあったのですが、登場する艦娘が絞られていたこともあってかそんなことはありませんでした。
キャラデザ、絵、声優さん、音楽、すべて満足できました。
ただ脚本はやはり、控えめに言って少し物足りない結果になったと思います…。よくわからないけど女の子がめっちゃかわいいアニメでした。
続編はまあ頑張ってください(適当)

幸腹グラフィティ

初めの方は、いわゆる”メシの顔”の表現やシャフト演出に違和感を感じていましたが、慣れで徐々に何も感じなくなりました。
良い日常系アニメだったと思います。何も考えずにニコニコしてかわいい女の子を拝めた。僕は生まれ変わったら椎名さんの家に住む猫になりたいです。

まとめ

読み返してみると本当に、自分の小並感だけを集めた誰得な記事ですね…。ここまで読ませてしまってすいません。
一応、感想の記録としてこれから毎クールごとにこういうふうに適当に書こうかなあと思っています。
最後に、アニメ製作に関わっているすべての方々、本当にありがとうございました! ほぼ絶対直接目に入ることはないだろうけど、感謝を伝えたい…。

P.S.

もうすぐ4月になりますが、4月から僕は高校生になります………。今後もよろしくお願いします。


コメントする